昔の友人に金を貸してくれといわれた時のこと

何年か前に、中学時代の友人が私に電話をかけてきて
「お金を貸してくれ」と言ってきたことがあります。

その友人とは中学卒業以来久しく会ってなかったのですが、
あるデパートでばったり会って、
その日からまた、たまに遊ぶようになっていたのです。

いくら貸してほしいのか金額を聞くと「3万円」必要とのこと。

私は正直あまり貸したくなかったのですが、
「絶対にすぐ返す」という友人の押しに負け、3万円貸しました。

貸したあとは本当に返してくれるのかな、
と不安でモンモンとしていましたが、
その後返してもらいました。

私は一安心したのですが、
それから2週間ほどたってまた友人から電話があり、
今度は「20万円貸してほしい」と言われました。

私はさすがに20万円も貸せないと思ったので、
頑なに断っていたのですが、
相手はなかなか引き下がりません。

4時間くらいは押し問答を繰り返していたと思います。

やっと相手が諦めたときにはヘトヘトになっていました。

その後、その友人とは会うことはなくなりました。