友人にお金を貸したことで関係が壊れました

仲が良かった友人に、
ちょっとした金額ですがお金を貸したことがありました。

今はもうその人との関係は壊れてしまって口もきいていないのですが、
お金を貸すということには気を付けないといけないと思いました。

誰であろうが、自分が精いっぱい努力して働いたお金を貸すのは、
あまり気持ちがいいことではありません。

お金を借りた相手だって、
わたしにカリができてしまったと思うでしょう。

お金を借りた方も、お金を貸した方も、気分は良くありません。

友達だからこそお金の貸し借りはやめた方がいいと思いました。

それは友人にお金を貸したときに
「いつまでに返してほしい」
ということをわたしがハッキリ言えなかったからです。

これが友人ではなかったら、
きちんと期限を設けて、
いついつまでに貸したお金を返すようにとはっきり言えます。

友人だから言えないことってあるのです。

言わなくてはいけないことを言わずに、
お金がなかなか返ってこなかったとき、自分が悪かったと思いました。