お金を貸した相手が仕事をしていなくて結局返ってこなかった。

付き合いたてで遠距離になった彼が、
ある日電話が止まると言いました。

営業職だった彼が仕事でお客様との連絡に困るだろうと思い、
翌月の給料日に返してもらう約束をして4万を貸しました。

ところが約束の日になってもお金の事を何も言いません。

こちらから切り出すと、
言いにくそうに口を開いて仕事を辞めていた事を告げられました。

お金は返ってこないと思いましたが、
本人は返済するつもりだと言いました。

それから二週間ほどして、
私の住んでいた場所に引っ越してきて就職もしましたが、
まだ生活が辛いからとお金の返済を先延ばしにされました。

生活が軌道に乗るまではしょうがないと分かっていましたが、
お金の事を自分から言い出さない彼に、
段々と不信感を持つようになりました。

それでもちゃんと返す事だけはして欲しくて、
実質的にお金が返ってきてないような金額になっても、
一緒にいる時間で使うお金はなるべくこちらが出しました。

しかし彼はお金を借りている事を段々と忘れるようになったので、
こちらがしびれを切らして別れる事になりました。

四ヶ月の間に返ってきたのは一万五千円だけでした。